ヘレン・ケラーの生涯

ヘレン・ケラー女史(Miss Helen Adams Keller)は1880年(明治13年)6月27日に米国南部・アラバマ州の小さな町タスカンビアにあるアイビー・グリーンと呼ばれる家で生まれました。

ヘレン・ケラー女史の印象

ヘレン・ケラー女史の再来日の際、毎日新聞東京本社事業部長としてヘレン・ケラーキャンペーン委員会の実務を仕切り、東京ヘレン・ケラー協会常務理事在職のまま1976年(昭和51年)に亡くなった一色直文氏がポプラ社刊『ヘレン・ケラー』の巻末に解説として、「ヘレン・ケラー女史の印象」と題し、次の文章を残しています。

青い鳥とヘレン・ケラー

1904年、ヘレン・ケラー女史がラドクリフ女子大学(現ハーバード大学ラドクリフ・キャンパス)を優秀な成績で卒業したとき、たまたま童話「青い鳥」の作者メーテルリンクの夫人が米国を訪問していました。

フォトギャラリー

ヘレン・ケラー女史の日本における精力的な活動の数々や素顔が垣間見えるフォトギャラリーです。

目の不自由な方に出会った時

多くの目の不自由な人たちにとって、一人歩きは容易なものではありません。
「何かお手伝いすることがありますか」という一言に救われる場合が多いのです。

点字を学ぶ

東京ヘレン・ケラー協会発行の「点字練習帳」や「点字練習帳練習問題解答」のご購入・お問い合わせのご案内です。また、点字記号一覧もご覧いただけます。

東京ヘレン・ケラー協会は、財団法人JKAからの競輪公益資金による補助事業を行なっています。

  • 競輪ポータルサイト「KEIRIN.JP」
  • 競輪・オートレース補助事業ホームページ「RING!RING!プロジェクト」
TOP