ロゴマーク“青い鳥”

点字図書館

最新情報

第31回点字図書館ボランティア懇親会開く

(登録日:2005年10月26日)

 東京ヘレン・ケラー協会点字図書館は、日頃の熱心なボランティア活動のお礼と、「これからもよろしく」という気持ちを込めて、第31回ボランティア懇親会を10月26日に当協会3階ホールで開きました。
 点字図書館に集まるボランティアは点訳、音訳、図書整理の各パート約200人。これらの方々が図書館の下支えをしてくれています。熱心な活動のおかげで、図書館業務も順調に動いており、絶大な力は小規模な図書館にとっては貴重な戦力になっています。
 忙しい仕事に時間を取られてしまい、なかなかそろってお礼を申し上げられないため、こうして年に1回、懇親会の場を設けて感謝すると共にボランティア同士の交流の輪も広げています。
 今年は56人が出席し、狭いホールは満員の盛況。当協会の藤元理事長の感謝の挨拶に続いて、ボランティア活動歴5年を経過した15人の方に感謝状が贈られ、たくさんの拍手で祝福されました。
 記念の講演は恵美三紀子さんが行いました。今年度の当館音訳ボランティア養成講習会で半年間講師を務めている恵美さんですが、今回は「ボランティア指導に携わって」と題して、長年のキャリアから導き出されたボランティアへの思いを率直に語ってくださいました。「考えるボランティアでなければならない」「利用者が必要なものを、必要な時に、必要な方法で提供するのが専門ボランティア。自負心を持って作業を進めてください」など貴重なアドバイスに、ボランティアの方々も改めて活動の重さを実感していました。
 講演後は立食での懇親パーティー。感謝状を受けた人の話やボランティア活動の感想など、さまざまな話が飛び出し、あっという間に楽しい時間が過ぎました。

感謝状贈呈者(敬称略)
清水佳世、筒井万里子、中村啓子、久永恵美子、藤岡ひかり(以上点訳)
鮎川明子、伊東とよ子、梶山麻美、片柳洋子、土田玲子、中田幸子、野村弥栄、三村淑子、吉本尚子、若林祥子(以上音訳)

本文の先頭に戻る

前のページに戻る

Copyright 2004 Tokyo Helen Keller Association. All Rights Reserved.

THKA