ロゴマーク“青い鳥”

点字図書館

5月17日からランプの灯ボランティア養成講習会を開きます ― 受講生を募集

東京ヘレン・ケラー協会点字図書館では昨年から新しいボランティア養成講習会をスタートさせました。「ランプの灯ボランティア養成(*)」と名付けたこの講習会は、街中等で困っている目の不自由な人たちに気軽に手を差し伸べるために、どのような基礎知識と具体的的な方法が必要なのかを学んでいきます。

昨年は10人の方々が受講し、様々な場面で目の不自由な方への対応を学びました。講師は当館の歩行訓練士資格を持つ職員と視覚障害当事者の職員ですので、受講された全員が細かいところまで気配りできるボランティアになっていただけました。この経験から今年も多くの方に受講していただき、視覚障害理解者としてさらに輪を広げていただこうと考えています。

講習は講義と実習を重ねる中で学習するスタイルですので、どなたでも気軽に受講できます。

ボランティア活動に興味のある方や視覚障害者を家族に持つ方には大変役立つ講習ですが、すでに点訳・音訳ボランティアの経験のある方で活躍の場をさらに広げたい方もぜひご参加下さい。

なお、6月21日(火)から点訳ボランティア養成講習会を開講しますので、引き続き受講を希望される方はこちらをご覧下さい。

(*)「ランプの灯ボランティア」とは、当協会の名誉総裁であるヘレン・ケラー女史の「あなたのランプの灯をもう少し高く掲げてください。見えない人々の行く手を照らすために」という有名な言葉から取ったものです。

【受講条件】
 @全日程を受講できる方
 A修了後に当協会で行う各種教室、イベント等にボランティアとしてお手伝いできる方
 B継続して活動する意志のある方
 Cメールやインターネットが使える程度のパソコン知識のある方
 D東京都内および近郊に在住の方

【期間】

5月17日〜6月14日までの毎週火曜日午前10時から正午まで。全5回

(6月7日と6月14日は点字に関する基礎的な学習を予定していますので、すでに点字を習得されている方、あるいは特に学ぶ必要がないと思われる方は受講されなくても結構です)
【場所】 東京ヘレン・ケラー協会3階ホール
【募集人員】 10人前後。男女は問いません。定員に達し次第締め切ります。
【費用】

無料。ただしアイマスク体験や食事体験等で若干のご負担があります。
点字学習の際に使用する点字器は当館でお貸しします。

【申し込み】 申込用紙に必要事項を記入しメールに添付してtoshokan@thka.jpに送信してください。

【お問い合わせ】
東京ヘレン・ケラー協会点字図書館
電話03-3200-0987(平日9:00〜17:00)
E-mail: toshokan@thka.jp

前のページに戻る

Copyright 2004 Tokyo Helen Keller Association. All Rights Reserved.

THKA