ロゴマーク“青い鳥”

海外盲人交流事業

ネパール緊急支援のお願い(2)

東京ヘレン・ケラー協会 海外盲人交流事業事務局
(画像)写真1枚

 この写真は、ネパール大地震の震源に近い中部ゴルカ郡のルインテル村にある当協会が支援する統合教育校アマル・ジョティ・ジャンタ高校の全壊した校舎本館です。多くの授業がここで行われていましたが、もはや取り壊すしかありません。
 同校は辺鄙な山の上にある小学校1年生から12年生が学ぶ公立の小・中・高校ですが、首相や高名な医師を輩出してきた伝統校であるため、近年、インド政府の財政支援により隣接した山を削り、同校を基に大学も設置されました。大学の校舎と、視覚障害児童・生徒用寄宿舎の壁には亀裂が入りましたが、補修の上で使用可能だということです。
 日本の日曜日に相当するネパールの公休日は土曜日で、金曜日がいわゆる半ドンです。地震が起きた4月25日は土曜日であったため学校は休みで、寮生の視覚障害児は実家に帰っており、学校での事故には巻き込まれませんでした。今回の地震が土曜日に起きたことは不幸中の幸いでした。もし平日に起こったならばいったい何人の生徒が校舎の下敷きになったか想像もつきません。ただ、児童・生徒の安否確認はまだできていません。

被災障害者支援はじまる

 NAWBは50万ルピー(約59万円)の「障害者災害救援基金」を作り、5月2日に、首都・カトマンズに隣接するラリトプール郡のハリシッディー村とシッディプール村で地震被災障害者へ救援物資であるテント(防水シート)の配布を行いました。
 4月28・29の両日、この二つの村での調査で、被災者がもっとも切実に要望したのは、強い風が吹いても破れない、被災家族が雨に漏れないためのテントの支給でした。雨漏りのために夜、横になることができないのはとてもつらいことだからです。
 ネパールは6月から本格的な雨期に入り、それは9月まで続きます。そして、5月は雨期の前触れのような雨が降る季節ですが、これから6月いっぱいは、夜間にスコールという突風を伴う集中豪雨が多いのです。
 NAWBの職員はテントを配布するために、午前中にハリシッディー村に向かい、まず障害者自助グループの幹事であるアニタ・ダンゴールさん(肢体不自由・女性)の所に行きました。そこから、彼女に同グループの会員に呼びかけてもらって、本人や家族に集まってもらい、テントを配布しました。
 同日正午頃に、NAWBの職員は次の配布先であるシッディプール村に行き、村の障害者自助グループ会長であるサヌ・カジ・マハールジャンさん(肢体不自由)に会い、彼に同グループの会員に呼びかけて集まってもらい、テントを配布しました。

写真2枚

地震被害に関する速報(仮報告)

NAWBが5月5日現在、把握しているNAWB関係者と視覚障害者等の被害者は下記のとおおりです。

(NAWB理事)

番号
氏名 肩書き 被害状況
1
Bibek Kumar Paudel 常務理事 自宅全壊
2
Neera Adhikari 理事 自宅全壊
3
Pawan Ghimire 理事 古い自宅全壊
4
Pradip Kumar Homagain 理事 自宅損傷

(NAWB職員)

番号
氏名 肩書き 被害状況
1
Om Bam Malla 事務局長 古い自宅全壊
2
Ratnakaji Dangol 教育課長補佐 古い自宅全壊
3
Prem Bakta Dangol CBR課長補佐 古い自宅全壊
4
Ganga Prasad Ghorsaine 倉庫管理人 自宅全壊
5
Bijaya Kumar Karki カスキCBR所長 自宅損傷

(障害者)

番号
氏名 性別 障害 住所 被害状況
1
Gyani Maharjan 女性 盲人 Bhaktapur 自宅損傷
2
Sapta Sundar Shakya 男性 盲人 Bhaktapur 自宅損傷
3
Sita Nepali 女性 盲人 Bhaktapur 自宅損傷
4
Indra Duwal 男性 盲人 Bhaktapur 自宅損傷
5
Krishneswori Chuladya 女性 盲人 Bhaktapur 行方不明
6
Pralhad Thapa 男性 盲人 Bhaktapur 自宅損傷
7
Rajbhai Maharjan 男性 盲人 Lalitpur 自宅損傷
8
Pancha Maya Maharjan 女性 盲人 Lalitpur 自宅損傷
9
Jeevan Dangol 男性 盲人 Lalitpur 自宅損傷
10
Dhan Bahadur Maharjan 男性 盲人 Lalitpur 自宅損傷
11
Harikrishna Shrestha 男性 盲人 Lalitpur 自宅損傷
12
Krishna Balami 男性 盲人 Lalitpur 自宅損傷
13
Sanobabu Nagarkoti 男性 盲人 Lalitpur 自宅損傷
14
Chandrika Timalsina 女性 盲人 Sindupalchwok 自宅損傷
15
Basu Dev Ghorsaine 男性 弱視 Bhaktpaur 自宅損傷
16
Geeta Timilsina 女性 盲人 Sindupalchwok 自宅損傷、腕の骨折
17
Mantu Adhikari 女性 盲人 Baglung 自宅損傷
18
Kusum Gautam 女性 盲人 Parbat 自宅損傷
19
Nhucche Maharjan 男性 盲人 Harisiddhi 自宅損傷
20
Krishna Govinda Chauguthi 男性 盲人 Bhaktapur 自宅損傷
21
Sunita Chapagain 男性 盲人 Dhading 自宅損傷
22
Sabitri Paudel 女性 盲人 Dhading 自宅損傷
23
Sarita Lamichhane 女性 盲人 Gorkha 自宅損傷
24
Santosh Timilsina 男性 盲人 Lalitpur 自宅損傷
25
Binda Bhurtel 女性 盲人 Kavre 自宅損傷
26
Rojina Ghimire 女性 盲人 Gorkha 自宅損傷
27
Meena Gurung 女性 盲人 Palungtar 自宅損傷
28
Meera Pokharel 女性 盲人   自宅損傷
29
Deepak Sapkota 男性 盲人 Kathmandu 自宅損傷
30
Santosh Sapkota 男性 盲人 Kathmandu 自宅損傷
31
Sarita Sapkota 女性 盲人 Kathmandu 自宅損傷
32
Laxmi Dulal 女性 肢体不自由
精神障害
Bhaktapur 自宅損傷
33
Ramesh Pokharel 男性 盲人 NAB会長 自宅損傷、父親が負傷
34
Shyam Tamang 男性 肢体不自由 Lalitpur 学生

(統合教育校)

番号
学校名 被害状況
1
Janjyoti 高校、Gorkha 校舎損壊
2
Sanjivani 高校、Dhulikhel, Kavre 校舎損壊
3
Bigyan 高校、Nuwakot 寄宿舎損壊
4
Damkada 高校、Palpa 校舎損壊
5
Janata Dhan 高校、Baglung 寄宿舎損壊
6
Laboratory 高校、Kirtipur 寄宿舎損傷
7
Amar Jyoti Janata 高校、Gorkha 校舎全壊、寄宿舎損傷

寄付金のご送金は下記口座をご利用ください。

郵便振替口座: 00150−5−91688(「ネパール地震」と明記してください)

社会福祉法人 東京ヘレン・ケラー協会 海外盲人交流事業事務局
〒169-0072 東京都新宿区大久保3−14−4
TEL : 03-3200-1310   FAX : 03-3200-2582
http://www.thka.jp/ E-mail: XLY06755@nifty.com

Copyright 2004 Tokyo Helen Keller Association. All Rights Reserved.

THKA