ロゴマーク“青い鳥”

最新情報

理事長就任のごあいさつ

(登録日:2016年6月14日)

 このたび、はからずも三浦前理事長のあとを引き継ぎ、理事長をお引き受けすることになりました。誠に身の引き締まる思いがしております。

 当協会は60有余年の歴史を持つ視覚障害者支援施設ですが、これまで多くの評価を得られたのは当協会に関わってこられた先人、関係者の皆様のご尽力のたまものであり、また歴代職員の奮闘があればこそのことでしょう。このことに深く感謝申し上げます。

 ところで、協会の運営は年々厳しくなっています。施設の中核であるヘレン・ケラー学院はもとより、点字出版所も点字図書館も安閑としてはいられない事情を抱えております。そのような中で陣頭に立つことは並大抵な覚悟がなくては乗り切れないと思っております。

 当協会の名誉総裁であるヘレン・ケラー女史は、歴史に名を残す聡明な障害者福祉運動家であり、世代を超えて世界の人々に大きな影響を与えてまいりました。私なりに女史の遺訓を三つあげるとすれば、一つはご自身の重い障害にも負けず障害者福祉運動を生涯実践し続けた不屈の精神。二つ目は女史が語った珠玉の言葉の数々から導かれる深い慈愛の心。三つ目は女史の学ぶ心や探究心といった真摯な姿勢でありましょう。

 この教えを協会を預かる者として心にとどめ、多くの方に伝えていくことも大事な役割であると考えています。

 就任当たりましてより一層のご支援、ご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

東京ヘレン・ケラー協会理事長
石原 尚樹

本文の先頭に戻る

前のページに戻る

Copyright 2004 Tokyo Helen Keller Association. All Rights Reserved.

THKA