ロゴマーク“青い鳥”

最新情報

「サポートグッズフェア2015」を開催しました

(登録日:2015年9月1日)

協会は8月29日(土)に夏の恒例イベント、サポートグッズフェアとヘレン・ケラー学院主催の「感謝デーサービス 30分無料マッサージ体験」を開きました。

この日は朝から雨がぱらつくあいにくの空模様でしたが、心配は杞憂に終わり、フェアには215人、マッサージ体験には105人もの方が来て下さいました。また運営にあたり会場整理やガイド等で多くのボランティアさんにご協力いただきました。

フェアの主会場は3階ホール。10時の開場とともにたくさんの方が出展した14の企業や団体のブースを見て回りました。ロービジョンの方のための拡大読書機やめがね、点字使用者の方へはIT対応のピンディスプレイなど、年々進歩するたくさんの機会や用具を熱心に見て回り、丁寧な説明を受けていました。

また、去年もやったヨガの体験や休憩室での茶湯の接待などを今年も企画。来場者に心のこもったおもてなしをしました。

ヨガ体験は主宰する「チャレンジド・ヨガ/視覚障がい者のためのヨガクラス」のインストラクターの指導で3回に分けての講習。各回とも予約で満員となり最後の回は予定人数を超えてしまうほどの人気でした。

茶菓の接待は足立区にある特定非営利活動法人「アイ・サポート」にお手伝いただき、会場で歩き疲れた人たちへ冷たいお茶やコーヒー、手作りクッキーを提供して優しく応接していただきました。

(写真)出展者の説明を聞く来場者
(写真)ヨガ体験の様子
たくさんの来場者でにぎわったサポートグッズフェア会場

学院無料マッサージに105人

同時開催のヘレン・ケラー学院学生による「無料マッサージ体験」もフェアに劣らない人気で盛り上がりました。午前10時からの施術には近くにお住まいの方やフェアに来場した視覚障害者等が整理券をもらって待機。学生がトランシーバーを使って1階と3階の治療室に連絡して上手に誘導するなど、スムーズな運営で105人もの患者さんに喜んでもらいました。今年は1年生から5年生まで全学年から20人が参加して2人の担当教官の指導で、たっぷり汗を流しました。

(写真)施術するヘレン・ケラー学院生
無料マッサージ体験の様子

本文の先頭に戻る

前のページに戻る

Copyright 2004 Tokyo Helen Keller Association. All Rights Reserved.

THKA