ロゴマーク“青い鳥”

ガイドヘルパー養成研修事業

同行援護従業者養成研修

4. 【非実施】同行援護応用課程(12時間研修)

 当協会では、これまで2回、応用課程(12時間)のみの研修を実施しましたが、参加された方の中には一般課程の基礎知識、基本動作を忘れかけている方も多数おられました。応用課程研修の時間内に個別の補正をするには時間も要するので、「全員が基礎も含めて学ばないと同行援護そのものの理解が進まない恐れがある」との理由で応用課程を中止して、32時間研修をご案内することにいたしました。
 忘れ方は個人々々で異なっており、当協会として全てに対応する時間が足りないということです。
 応用課程は基礎知識、基本動作を忘れている方が受講されても理解に至りません。時期を隔てていきなり応用課程を受講することはお薦めできません。応用課程には、基本動作など一般課程の基礎レベルの履修はありません。
 当協会としては、これまで実施した応用課程研修の経緯も踏まえ、この研修を一般課程と応用課程とに分けてご案内するのではなく、どなたも基礎の確認も含めて32時間すべて同時期に同一の講師による研修を受講することにより、一層の理解を深めることが可能と考えています。当然、講師の質も問われています。
 同行援護制度の基礎から応用の流れまでを学習して、移動研修で修了した内容と新研修との違いも確認出来るので、業務範囲が広がった今回の制度を最もスムーズにご理解いただけるものと考えています。
 ご自身が過去に習った中で忘れている科目の「免除」は省略でしかなく、もう一度勉強しないとどなたも理解にはつながるものではありません。

  • 一般課程同等とされる方がそのまま従業者として働かれる場合の問題点
    同行援護一般課程の7時間科目(同行援護従業者養成研修と移動介護・支援従業者養成研修とのカリキュラム対比の7時間補講参照)の免除により受講もしないで、同行援護一般課程従業者とされています。
    同行援護制度(業務内容と業務範囲)を知らないまま就業することや、建物内外でのガイドヘルパーの在り方も含めた情報支援・情報提供や代読・代筆といった基本と支援方法も習わずに就業すれば、多くの方が同行援護のガイドとして自己流で仕事をすることになってしまいます。
  • 一般課程同等なので、応用課程を取得したいという人の問題点
    一般課程同等とされたので、資格が欲しいからとさらに上級とされる応用課程を受講しようとすると、移動研修で習っていない上記7時間補講の履修もせずに「サ責要件」を満たすことになります。ただし、不足分を補おうと7時間+12時間=19時間を受講したところで免除された基礎、基本を十分に理解していなければ、応用課程の理解にはつながりません。
    注:現在、7時間研修を行っている事業者はありません。

<結論>
 制度変更に伴ってガイドヘルパーの業務内容は大きく変化しています。変更前にはなかった科目も新たに加わりました。移動介護・移動支援研修の内容とは大きく異なります。

 利用者様は「ガイドヘルパーは業務上の不足部分を個人でどのように補っているか」を常に問い続けます。

 当協会も教育に携わる研修事業者として、みなさまにご案内する以上は研修のご提案には責任があります。

 多くの方から次なるステップアップで「応用課程をとりたい」との問い合わせが入りますが、上記の通り、未受講科目7時間を残したまま12時間応用課程だけの受講では、「同行援護の全体の理解」に至るものではありません。
当協会は利用者様である視覚障害者の立場に立って、応用課程(12時間)のみの研修は今後も実施する予定はございません

 

<サービス提供責任者要件を希望される方へのおねがい>

  • 講義科目の受講漏れを防ぐ上から最低19時間受講し、演習の不足分は教科書で独学する。
  • 全面的な見直しを含めて専門家による全行程32時間を学ぶ。
    (32時間の研修では、7時間科目も含め具体的な対応を演習の中で展開しています。)

という選択しかありません。

 1.の「演習の不足分を独学で習得する」という選択は「利用者の安全の確保」という面で不安が残るため、当協会は2.の「見直しを含めて専門家による全行程32時間を学ぶ」コースを強く推奨いたします。
 ガイドヘルパーはご自身の技術を何度も見直して、応用力が自然に展開できるようになることが大事です。ガイド技術の演習は、ご自身の技術確認を行うと同時に基礎から学べ、より深い理解に繋がると思います。応用課程を学ぶかたは初心者で受講されるかたと立場が異なりますが、復習と見直しも兼ねて全行程32時間を受講することが「利用者の安全を守る」ためにとても大切なことと考えます。

<ご案内>

お問い合わせ先
東京ヘレン・ケラー協会
ガイドヘルパー養成研修事業事務局 
担当 田村
電話03-3200-0525

本文の先頭に戻る

前のページに戻る

Copyright 2004 Tokyo Helen Keller Association. All Rights Reserved.

THKA