THKA

社会福祉法人 東京ヘレン・ケラー協会

苦情解決のための体制

 社会福祉法人東京ヘレン・ケラー協会では社会福祉法第82条の規定により利用者等からの苦情に適切に対応する体制を整えました。
 当協会3施設に苦情解決責任者及び苦情受付担当者を設けて苦情解決に努め、協会事業の質と信頼性を高めます。

1. 苦情解決責任者 馬塲敬二 ヘレン・ケラー学院長・点字図書館長
  福山 博 点字出版所長
2. 苦情受付担当者 細目 崇 ヘレン・ケラー学院職員
  川西幸治 点字図書館次長
  藤永 昇 点字出版所総務課長
3. 第三者委員 協会理事長の判断で必要に応じ設置します。
4. 苦情解決の方法 (1) 苦情の受付
苦情は苦情受付担当者が随時受け付けます。
  (2) 苦情受付の確認・報告
苦情受付担当者は受け付けた苦情を記録し、その内容について苦情申出人に確認します。さらに苦情受付担当者は苦情解決責任者に報告します。
  (3) 苦情解決のための話し合い
苦情解決責任者は、苦情申出人と誠意を持って話し合い解決に努めます。場合によっては第三者委員に助言を求めます。苦情解決の対応状況や結果については、協会報等を通じ公表いたします。

Copyright 2004 Tokyo Helen Keller Association. All Rights Reserved.

THKA