ロゴマーク“青い鳥”

ヘレン・ケラー学院

最新情報

平成29年度卒業式・修了式・終業式を行いました

(登録日:2018年3月22日)

ヘレン・ケラー学院は、3月15日(木)午前10時から平成29年度卒業式・修了式・終業式を行いました。卒業生は専門課程5名と高等課程2名。これに高等課程3年生あん摩マッサージ指圧・はり・きゅう科修了生4名が加わり、計11名に馬塲敬二学院長から卒業証書、修了証書が授与されました。

1年間の学業成績優秀者に贈る優等賞は12名に、努力賞は2名に授与しました。今年は同窓会長賞の該当はありませんでしたが、在学中特に優れた学業と品行を示した者に贈られる一色賞(ヘレン・ケラー学院初代学院長・一色直文氏を顕彰し贈られる賞)は専門課程3年の津田佳代子さんさんが選ばれ、馬塲学院長から賞状と記念品が授与されました。

また、来賓として列席した東京都福祉保健局障害者施策推進部共生社会推進担当課、埼玉県福祉部障害者福祉推進課、さいたま市保健福祉局福祉部障害支援課、東京視覚障害者生活支援センター所長、同窓会会長のほか、東日本旅客鉄道株式会社高田馬場駅長らが来賓として参列され、温かい祝辞をいただきました。

式辞に際し、馬塲学院長からは「途中で投げ出すことなく最後までよく頑張りました。強い意志、情熱を感じます。卒業生の皆さんはこれから新しい舞台に立ちます。辛いことがあるかもしれないが、既成概念にとらわれず、健康を第一に一歩一歩前進していってほしい。」と激励がありました。卒業生を代表して高等課程の臼井倫太郎さんが「卒業まであっという間でした。先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。在校生は残された時間を大切に目標に向かって頑張ってください」答辞を述べ、たくさんの拍手に送られて会場をあとにしました。

(写真)卒業証書を受け取る卒業生
学院長(右)から卒業証書を受け取る卒業生(左)

本文の先頭に戻る

前のページに戻る

Copyright 2004 Tokyo Helen Keller Association. All Rights Reserved.

THKA