ロゴマーク“青い鳥”

ヘレン・ケラー学院

最新情報

ヘレン・ケラー学院で卒業式・修了式

(登録日:2016年3月15日)

ヘレン・ケラー学院は3月15日午前10時から平成27年度卒業式・修了式を行いました。

27年度の卒業生は高等課程(5年)4名、専門課程(3年)2名の計6名。これに5年課程3年のあん摩マッサージ指圧科修了生1名が加わり、計7名に三浦拓也学院長から晴れの卒業証書、修了証書が授与されました。

1年間の学業成績優秀者に贈る優等賞は10名に、努力賞は2名に授与しました。また同窓会長賞は専門課程の小林貴大さんに贈られました。

学業が優秀で学院生の模範となる学生に贈られる一色賞は12年ぶりに高等課程卒業生の吉田隆一さんが選ばれ、三浦学院長から賞状と記念品が贈られました。

式には東京都福祉保健局障害者施策推進部自立生活支援課統括課長代理の有原正俊様、埼玉県福祉部障害者福祉推進課主幹の安永陽子様、東京都視覚障害者生活支援センター所長の長岡雄一様、ヘレン・ケラー学院同窓会会長の渡辺武松様らが来賓として参列され、祝辞をいただきました。

三浦学院長の式辞、在校生が送辞に続き、卒業生を代表して高等課程の木村祥子さんが「私たちはこの学院で得たものがたくさんありました。講義、実技、実習を通じて三療の礎を得ることが出来ました。これから社会に出ますが、世間の風は厳しくともここで学んだ礎の上に努力を重ね、社会に貢献できるよう自立を目指し前に向かって歩いて行きます」と答辞を述べ、たくさんの拍手に送られて会場をあとにしました。

(写真)一色賞を授与される吉田さん
三浦拓也ヘレン・ケラー学院長から一色賞を受ける吉田隆一さん(左)

本文の先頭に戻る

前のページに戻る

Copyright 2004 Tokyo Helen Keller Association. All Rights Reserved.

THKA