ロゴマーク“青い鳥”

協会概要

協会のあゆみ

東京ヘレン・ケラー協会は、ヘレン・ケラー女史の2度目の来日=1948年(昭和23年)=を記念し、1950年(昭和25年)4月、社会福祉施設として発足しました。最初は財団法人東日本ヘレン・ケラー財団(同時に大阪に財団法人西日本ヘレン・ケラー財団=現在の社会福祉法人日本ヘレン・ケラー財団の前身=が誕生しています)といいました。社会福祉事業法の施行に伴って1952年(昭和27年)5月、社会福祉法人となり、現在の名称に改めました。
発足した1950年の5月19日には昭和天皇、皇后両陛下のご視察を受けています。ヘレン・ケラー女史は3度目の来日にあたる1955年(昭和30年)の5月28日に当協会を訪れ名誉総裁に推戴されました。創立以来の活動の評価は高く、労働大臣(1955年)、東京都知事(1960年)、厚生大臣(1979年)から感謝状を贈られています。
2000年(平成12年)11月10日、東京都千代田区の毎日ホールで創立50周年記念式典を挙行し、新たな発展のための努力を誓いました。

創立50周年記念誌『視覚障害者とともに50年』

2000年11月、協会創立50周年を記念して、『視覚障害者とともに 社会福祉法人東京ヘレン・ケラー協会の歩み』を刊行しました。創立50周年記念式典に列席されたみなさんの他、全国の盲学校、点字図書館などの視覚障害関係施設に配布しています。
この記念誌のテキストデータと点字データを、下記よりダウンロードできます。

【ダウンロード】

自己解凍形式の圧縮ファイルです。ダウンロードしたEXEファイルを実行すると解凍先を指定するダイアローグが開きますので、必要に応じて場所を指定してください。指定しなければ、圧縮ファイルと同じ場所にフォルダが作成されます。

【内容】テキストデータ(50年史1.TXT,50年史2.TXT,別項・資料.TXT,about_THKA.TXT)

【内容】BES形式の点字データ(THKA01.BESからTHKA11.BES),エーデル形式の点図データ(THKA04a.EDLからTHKA04d.EDL)※原本P.98「福祉住宅姿図」(点字版第4巻P.36に対応)

Copyright 2004 Tokyo Helen Keller Association. All Rights Reserved.

THKA